2016年8月7日 聖書: マタイによる福音書7章7~8節    証し「神様は私の祈りを覚えておられる」弘子姉

高校生の頃、私はすごく親しくしていた叔母がいました。
叔母は結婚していて東京に住んでいました。
12歳違うのですが姉のように慕っており、手紙を通して親しくしておりました。
ある時、叔母からの手紙で、なんだかよくわからないけど、辛く苦しいことが、ありそうな手紙をもらったことがありました。
そして間もなく叔母が旦那さん以外の男の人と自殺未遂したことがわかりました。
睡眠薬をたくさん飲んでいました 危篤状態で九州の実家の方は大騒ぎになっていました。 
おじいちゃんやおばあちゃんはもちろん、姉である私の母なども東京に駆けつける話をしていました。
そのとき、一番、叔母のことわかっているのは私なんだ と思いました。
叔母の辛さ、苦しさを知ってるのは私しかいない!
誰よりも、私が飛んで行きたいと強く思いました。
しかし母に「行きたい!」と言えませんでした。
“どうせ子供だから”って思われていると思い、言うことが出来ませんでした。
みんなはすぐ東京の叔母のところに駆けつけました。
すぐにも飛んで行きたい気持ちを、誰にも言うことが出来なかった私は、
遠くにいる叔母のことを 神様に頼るしかないと思いました。 
叔母が結婚する前に住んでた祖父母の家の居間にひざまついて
「神さま 叔母を 助けて下さい!」と必死にお祈りしました。
まもなく二人が助かったのを知り安心しました。
その時、えっつ!まさか 私の祈りが聞かれたの?って思いました。でも、偶然かなとも思いました。
それからどのくらいたってだかはっきり覚えてないのですが、叔母が教会に行っていると、母たちが話しているのを聞きました。
え!!叔母が教会に??私の祈りで叔母が助かって、その叔母がいま、教会に行っていると。
クリスチャンでもない私がそのように思ったことが、すごいことでした。
そして叔母に聞きました。
「なんで教会に行くようになったの?」って そしたら
あの時 目が覚めたとき、私の目の前にイエス様が現れたの 『私はあなたを愛してる』って言われたそうなんです。
そのとき叔母は“私の愛する人はこの方なんだ”と、とても嬉しくなったと語ってくれました。
私はこのとき、すごいものを感じました。間違いなく、あの時の私の祈りに神様が答えて下さったと確信しました。
それからの叔母の信仰はすごいものがありました。そして神様に導かれ約20年後に牧師へと導かれました。
私はというと 神さまの奇蹟を体験しているにもかかわらず、現実は、結婚して子育てにおわれ、
日曜日には家族とのお出かけがあるし、そんな時間なんてないわと思っていました。
しかし 私の祈りを聞いて下さった神さまが、叔母を導いてくれたように、
今度は神様が、いつかわからないけれど、叔母を通して私は教会に行くことになるんだと、かってに信じていました。
私が40歳を過ぎたころ、叔母から 癌だった私の母を 教会に連れて行ってくれない?って言うのです。
いつもは「あなた教会に行きなさい」って言われてたのに、今回は「お母さんを連れて行って」ということだったので、
気楽な気持ちで「いいよ~」って引き受けて、嫌がる母をなんだかんだと説得して、教会につれて行きました。 
その時の牧師のお話で 
「全世界は神様が造られたんだ 私たち人間も神様が造られたんだ だから
私たちの身体の悪いところも全部神様が治してくれるんだよ」という話を聞き
その言葉がスーッと心の中に入って、とても嬉しくなしました。
なかなか教会に行くことが出来なかった私でしたし、母のために連れて行った教会だったのに、
神さまは、特別な話ではなく、さらりと立話しでされた話の中で、私に触れて下さいました。
それからというもの教会でお祈りすると涙があふれ出ました。
半端は涙ではなく鼻水だらだらとゆう時もありました。
精霊が私に触れてくださっていることを何度も感じました。
私が教会に行くようになってから 叔母にあの時のことを話しました。
「高校生の頃 危篤だったあなたのことを、神様に助けて下さいって必死に祈ったのよ」って
すると
「そ~う あなたが祈ってくれてたのね
あの時 背後で誰かが祈ってくれてたのがわかったの 誰だがわからなかったんだけど。
 そ~う。 あなたが祈ってくれてたのね」と叔母は言いました。
私はこの話を聞いたときに、神さまのなさることのすごさを、知りました。
私が高校生のころ、危篤だった 叔母を助けてくださいと祈り
その祈りを神さまが聞いて下さり、わたしの祈りを叔母に届けてくれました。
そして目が覚めた叔母は神さまの深い愛の中で過ごすことになります。
神さまは私の小さな小さな信仰も覚えて下さっていました。
自分の思いではなく、神様が神様のご計画の時に私を導いてくださいました。
そして神さまの深い愛を知りました。
神さまにお祈りしたら、心が平安になります。いますぐ叶わないこともあるかもしれないけれど 
神さまのご計画の中で 最善な道を導いてくださいます。
こんな素晴らしいことを体験できるなんて、本当にしあわせです。
私を導いてくださった神様ありがとうございます。
感謝いたします。

聖書のお話